子供の紫外線対策

かつては、夏に真っ黒に日焼けした子供は、元気で子供らしい健康的なイメージがありました。

そして、赤ちゃんを育てるお母さんたちも、日光浴が体に良いと信じ、熱心に日光浴をさせていました。

しかし現在では、敏感な子供の肌を紫外線から守ることが必要だと言われています。

若い頃に日焼けをしたら中年以降にシミが増えてしまった、という話はよく聞きます。

しかし、子供の紫外線対策は将来のシミを防ぐこと以上に、がん予防のために不可欠になります。

スポンサーリンク

紫外線を浴びると、DNAに傷がつきます。

皮膚の細胞は、自らでそれを治すことができます。

しかし、日焼けのし過ぎでDNAの傷が多すぎると、この修復作業が追い付かなくなってしまいます。

そうして修復されないままとなったDNAが、皮膚がんを引き起こす原因になると言われています。

日焼けをすることには、このような危険があるのです。

しかし、神経質になりすぎる必要もありません。

子供の若々しい細胞は、大人よりもずっと、新陳代謝が活発です。

もし紫外線によって肌がダメージを受けても、すぐに回復することができます。

一方で紫外線は、体にとって良い働きもしてくれています。

皮膚の表面を殺菌することやビタミンDをつくること、さらにカリウムやカルシウムの増加も促進させてくれます。

毛嫌いするほど悪いものでもない訳です。

大人も子供も、上手に紫外線と付き合っていきたいですね!

関連記事(一部広告含む):