「そばかす美人」とお母さん

インターネットを見ていたら、そばかすのある子供をもつお母さんたちが交流しているページを見つけました。

そして、お母さんたちが子供をとても温かく見守っていることが印象に残りました。

そばかすのある子供に対して一番してはいけないのは、そばかすに劣等感を持つような言葉や態度を向けることだそうです。

そばかすの多くは遺伝的なものです。

したがって、お母さん自身もそばかすで悩み、否定的に考えてしまう場合もあるようです。

スポンサーリンク

しかし、そうすると、子供も同じようにコンプレックスを持ってしまいます。

子供にそばかすのことを話すときは、そばかすをチャームポイントとして捉え、「そばかす美人」という言葉を子供教えてあげてください。

また、大人になると消える場合も多いことや、レーザー治療ができるという知識も少し大きくなった子供には希望になるかもしれません。

もし、年頃になって気になるようなら、お母さんがメイクを教えてあげたり、一緒に上手なメイク方法を研究するのも良いと思います。

「赤毛のアン」や「キャンディ・キャンディ」では、そばかすの女の子がとても魅力的に書かれています。

ソバカスはチャームポイントだと信じて明るく生きる子は、自然と魅力的な「そばかす美人」になるのかもしれません。

「日焼をするから外に出ない」と言って家にこもってしまうよりも、そばかすが少しくらい濃くなっても外で元気に遊んでいるほうが、「人間力」が磨かれ、魅力的な女の子になるのではないかと思います。

関連記事(一部広告含む):