日焼け対策を徹底しよう

シミを防ぐには、紫外線に当たらないことが最も重要です。

紫外線予防を徹底するために、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。

1.日焼け止めは2種類用意

日焼け効果の高い物は、肌への負担も大きくなります。

数値の高い物なら取りあえず安心と、いうわけではありません。

スポンサーリンク

日常生活で使うものと、海や山で使うものの2種類を用意しましょう。

2.むらなく塗る

日焼け止めはケチらず、十分な量をむらなく塗ります。

首の後ろや耳、足などは忘れやすいので要注意です。

また、化粧下地やファンデーションに、UVカット効果のあるものを使うのもおすすめです。

3.塗りなおす

日焼け止めは、汗をかくと落ちてしまうので、2 ~3 時間おきに塗りなおしてください。

出かけるときには忘れずに持ちましょう。

4.直射日光をさえぎる

UV カット加工された日傘や帽子を活用します。

首まわりの日焼け対策にはスカーフが効果的です。

また、サングラスやメガネもUV カットのものが安心です。

UV 加工がなくて色が濃いだけのサングラスは、視界の暗さで瞳孔が開き、かえって紫外線の悪影響を受けやすくなります。 

5.油断しない

紫外線は窓ガラスを通します。

室内にいるからと言って、油断は禁物です。

また、曇りの日にも紫外線は降り注いでいます。

油断せずにしっかり日焼け止めをつけましょう。

関連記事(一部広告含む):