日焼けをしたときに食べたいレシピ

日焼けをしてしまったとき、メラニン色素が皮膚に沈着することを防ぐには、ビタミンCやたんぱく質、コラーゲンを摂ることが効果的です。

そんな日焼け後のケアにおすすめのレシピです。

■ブロッコリーとチーズのサラダ

1.ブロッコリーは固めにゆでる。

2.卵を割りほぐし、塩、こしょうで軽く味をつけたら、角切りのプロセスチーズを入れる。

スポンサーリンク

3.フライパンにバターを熱し、2を半熟に焼いたら、ブロッコリーにかける。

肌に良いビタミンCやEの詰まった緑黄色野菜と、たんぱく質豊富なチーズと卵の組み合わせです。

野菜の苦手なお子様にも食べやすいメニューだと思います。

■ピーマン&レンコンのマリネ

1.ピーマンは種とへたを取り、食べやすい大きさに切る。

2.レンコンは皮をむいて薄切りにして、水にさらしてアク抜きをします。

3.マリネ液を作ります。酢大さじ3、白ワイン大さじ2、サラダ油大さじ2、砂糖大さじ1、塩小さじ2/3、こしょう少々を混ぜ、あればお好みのハーブの葉を入れます。

この分量で、ピーマン4個、レンコン200gくらいを漬けることができます。

4.ピーマンは軽く焦げ目がつくように焼き、マリネ液に漬けます。

5.レンコンは歯ごたえが残る程度に軽くゆで、水分を切ってマリネ液に漬けます。

ピーマン、レンコン共に、熱いうちに漬けこむようにしてください。

6.粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて保管してください。

3時間くらいで食べられるようになります。

夏に食べやすいメニューです。

普通のピーマンの他に、カラーピーマンも入れるときれいですよ。

関連記事(一部広告含む):