シンプルライフ!旅行の準備もシンプルに

二泊三日ぐらいの旅行、意外と荷物がかさばってしまうことがあります。

あれも必要かもしれない、これも必要かもしれない。

そう思って詰めると、一週間ぐらいの海外旅行に行くようなトランクを持っていくはめになってしまったりもして。

帰ってきたら、重い思いをして持って行った荷物が、結局ほとんど使わなかった、なんてことも。

家に帰れないと思うと、つい心配になって、余計に多くの荷物を持って行ってしまいます。

何かあったときのために、と不安になってしまうのです。

しかし、それらは本当に必要ですか?

スポンサーリンク

何かが起きたとき、あったら便利かもしれませんが、なくてもどうにかなるのではないでしょうか?

例えば、絆創膏や薬。

怪我したときなどのために、あれば便利です。

けれど、なくてもどこかで買えますよね。

日本国内なら、よほど不便なところでない限り、大抵の物は揃えられます。

絆創膏はかさばらないので持って行ってもいいでしょうが、余計な荷物は置いて行きましょう。

雨が降れば現地で傘を買えばいいですし、服も洗濯して着回したっていいのです。

国内旅行なら、ふらっと近所に行くぐらいの格好で行っても、意外とどうにかなるものです。

海外でも、何かが足りなくても、それを楽しめばいいのです。

そこで暮らす人々は、それがなくても普通に生活しているのですから。

郷に入らば郷に従え。

荷物を最低限にして、シンプルライフで旅行を楽しみましょう。

関連記事(一部広告含む):