シンプルライフにはセンスが必要?

同じ部屋に同じようにお金をかけても、人によってその印象は様々です。

配色や家具の配置などによって、その部屋が持つ模様は変わってきます。

上手にレイアウトをすれば素敵な部屋になり、上手く収められなければ雑然とした部屋にもなってしまいます。

シンプルライフを実践している人の部屋は、スッキリとした印象を受けます。

物が少ないから、ということもあります。

確かに物がなければ、ゴチャゴチャした部屋にはなりません。

ゴチャゴチャしてしまう人は、何かと飾りたがる人が多いようです。

スポンサーリンク

出窓のスペース、棚の上、つい空いているスペースがあれば小物などを飾りたくなってしまいます。

しかし、空いているからと言って何かを置いてしまえば、雑多な印象になってしまうものです。

さらにそこに物があるせいで、掃除しにくくなり、ゴミが溜まってしまうことも。

できれば飾らないようにするか、掃除しやすい平面の物を飾るなどにしましょう。

配色なども考えて、部屋に合う物を最低限の数で飾ります。

部屋に物が少なければ、目につくのが家具です。

タンスや棚、机、テーブルなど、家具は大きな物なので、それ一つで部屋の印象を変えてしまいます。

落ち着いた部屋、刺激的な部屋、暖かい部屋、インテリア一つで部屋の顔は変わります。

どこに何を置くか、色はどうするか、考えて配置するようにしましょう。

シンプルライフはごまかしが効かない分、センスが問われます。

シンプルライフでセンスを磨いて、素敵な部屋にするのです。

関連記事(一部広告含む):