シンプルライフ!足るを知る者は富む

シンプルライフで大事なのは、最低限の物で生活をするということです。

最低限というのは、人によって様々です。

何もない生活がその人の最低限かもしれませんし、それなりに物があるのが最低限かもしれません。

自分が快適に過ごせる生活、それがシンプルライフなのです。

多くの人は、今の生活は何かと多過ぎるはずです。

身の周りの物、洋服、本、半分に減らしたって、まだ余るかもしれません。

それだけ多くの物に囲まれて生活しているのです。

物が多いことが幸せなことだと、間違った固定観念を持っている人もいるでしょう。

スポンサーリンク

しかし、本当にそうでしょうか?

シンプルライフを送っていれば、物が少ない生活こそが豊かなものだと気が付くはずです。

『足るを知る者は富む』

これは、老子の言葉です。

欲はきりがないものだけれど、自分に相応のところで満足できる人間は精神的に幸せである、という意味です。

求めすぎてはいけません。

自分にちょうどいいところを見つけるのです。

これは、お金などにも言えます。

たくさんのお金があるに越したことはありませんが、そのことで幸福を見失っている場合もあります。

残業の時間を自分の趣味に充てれば、稼げなくても、もっと精神的に裕福な人生が送れるかもしれませんよね。

生活できるだけ稼げば、あとは余分なお金です。

お金があれば、必ずしも幸福になれるとは限らないのです。

自分に足りる物だけで、シンプルライフを送りましょう。

関連記事(一部広告含む):