シンプルライフ!無駄な物の概念は人それぞれ

シンプルライフは、無駄な物をなるべく省いていくことです。

身の周りには多くの物があります。

それらの中で本当に必要な物はどれぐらいあるでしょうか?

結構、少ないはずです。

それならば、処分するなどして整理しましょう。

もう着ない服、使わない食器、読み終わった本。

見渡せば、無駄そうな物が多くあるはずです。

しかし、一般的には無駄そうな物であっても、本人には無駄ではない物もあります。

スポンサーリンク

着なくても多くの服がある方が、気持ちよく生活ができる。

あまり使わない物でも、思い出の品がある。

そういった物は処分しなくて構いません。

使わなくてもそれがあることでモチベーションが上がるなら、手元に置いておけばいいのです。

ただし、大事な物は大切に扱いましょう。

粗末に扱ってしまえば、自分の中での価値も失われてしまうからです。

逆に、人にとっては大切な物でも、自分にとって大した価値がなければ、それは処分しても構わない物です。

誰かの『もったいない』なんて声は、聞く必要はありません。

それならば、その誰かに譲ればいいのです。

物に対する価値観は、人それぞれです。

人の価値観に影響を受ける必要はありません。

自分にとって無駄な物を処分し、大切な物を残せばいいのです。

関連記事(一部広告含む):