夏の紫外線

夏の紫外線ケア、始めてますか?

紫外線とはオゾン層を突き抜けて地球に届く太陽光線で、「赤外線・可視光線・紫外線」の3種類があります。

そして、紫外線はAとBとC波の3種類に分かれます。

紫外線Aは、一年中、雨や曇りでも常に降り注いでいます。

浴びても直ぐに肌が赤くなったりしないので、お肌にダメージは無いと思いがちですが、実は、とってもお肌に悪影響を及ぼす美肌の敵なのです。

スポンサーリンク

この見えない紫外線Aは、じわじわとお肌の奥の真皮まで届くため、「コラーゲン・エラスチン」を減少させ、シミやたるみの原因になるのです。

ピークは5月と言われています。

紫外線Bは、真夏の強い日差しの時に降り注いでいます。

海水浴の後、日焼けで肌が真っ赤になって、日焼けしますよね?

それが紫外線Bの影響です。

紫外線Aのように、お肌の奥の真皮までは届きませんが、表皮に攻撃し、その有害性は紫外線Aの100~1000倍と言われています。

きちんとケアしないと、シミやたるみの原因になるので、注意しましょう。

紫外線Cはさらに有害性があり、皮膚がんの原因になると言われています。

標高の高い山などでは確認されているそうですが、私たちが普段生活している場所には届いていないそうです。

きちんと紫外線ケアして、健康な美しい肌をキープしましょう!

関連記事(一部広告含む):