夏は帽子や手袋も活用し、髪と肌を紫外線から守る

日焼け止めもしっかりつけたのに、帰宅後にお肌が赤くなってしまう・・。

日本には四季があり、年中暑いわけではなく、紫外線の免疫もそれほどついていません。

ですから、人のお肌はとてもデリケートです。

真夏の有害な紫外線Bは、日焼け止めを塗っても、お肌に完全にバリアを張ることはできません。

そこで、UVカットできる、日傘や防止、手袋なども合わせて使い、少しでもお肌への負担を和らげましょう。

スポンサーリンク

紫外線Bは、美容にはもちろん、皮膚がんの原因にもなります。

長時間炎天下で過ごす場合は、こまめに水分補給をすることも必要です。

そして、紫外線によって失われるビタミン不足によって、夏バテになる可能性が高まります。

とくにビタミンB1が失われやすくなるため、ビタミンB1を多く含む豚肉、レバー、豆類などを摂取し、体の中からもサポートしましょう。

そして何より、ストレスを解消するために、睡眠不足にも気をつけましょうね。

関連記事(一部広告含む):