「シミ」のできるメカニズム

どうして「シミ」はできてしまうのか?

私たちが、普段生活している中で、太陽光線の「紫外線A」と「紫外線B」の2種類の有害な光を浴びています。

私たちのお肌は、地層のように何層も細胞が重なって出来ています。

そして、下から上へと、常に新しい肌細胞が作り出されて、入れ変わっています。

とくに「紫外線A」はお肌の奥の層、真皮まで届く紫外線で、「メラノサイト」という、お肌を作る指示を出している部分まで届きます。

スポンサーリンク

この「メラノサイト」に有害な紫外線が届くと、危険信号を出し、紫外線に強い肌を作るために、「チロシナーゼ」という酸化酵素が、メラニン色素を作ります。

これが「シミ」の原因なのです。

ですから、「シミ」をお肌に作らせないためには、「メラノサイト」に、紫外線の光を届けないこと。

また、届いた後に、「メラノサイト」へ紫外線を浴びた情報を消し、メラニン色素を作る働きを抑制させなければ、「シミ」は消えません。

現在、市販で出ている「シミ」をケアする化粧品は、紫外線をメラノサイトへ届けないようにするUVをカットする日焼け止めや、美容成分が「メラノサイト」へ直接浸透し、メラニン色素を作らせないようにするという2種類があります。

新陳代謝が高まれば、「シミ」を作る作業が停止します。

例えば、ビタミンCは、お肌の新陳代謝を高めてくれるので、摂取すれば「シミ」を消す効果が上がります。

そして、ストレスによっても新陳代謝は低下するので、ストレスもお肌の敵です。

「シミ」を消したり、発生を防ぐには、美白化粧品や、日焼け止めを使用して、ビタミンCを摂取し、充分な睡眠などで、心身共にリラックスする事が大切です。

関連記事(一部広告含む):