夏にこそ半身浴で代謝をアップ!

夏はとにかく暑いので、バスタイムはシャワーで済ませてしまう方は多いと思います。

しかし、汗をたっぷりかいて、老廃物がたくさん出ている夏にこそ、お風呂にゆっくりつかり、一日の汚れを落として、心身ともにリラックスすることが夏バテの解消にも繋がります。

半身浴をする時のお風呂のお湯の温度は37度~40度程度に設定し、時間は20分位、湯量は心臓から下位になるように設定しましょう。

クールタイプの入浴剤などを使用すれば、暑い夏でもゆっくり入浴できます。

口コミで人気が高いのは、ドイツ産の入浴剤「クナイプ」の「バスソルト・ユーカリ」です。ドラックストアなどでも購入できます。

スポンサーリンク

天然の岩塩と天然のハーブのエッセンシャルオイルがたっぷりと入っていて、鼻やのどもスーっとします。

花粉症の方にもオススメな入浴剤です。

上記以外でも、ご自分がリラックスできる香りを見つけてください。

アロマオイルを選ぶときは、匂いを嗅いで、一番心地よいと感じたアロマに、今の自分が欲している成分が入っているそうです。

ゆっくりと目を閉じて、今の自分はどんな香りがリラックスできるか、探してみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):