秋の美白はとっても大切!

夏の強い日差し、紫外線によって、お肌の奥ではシミを作る準備をしています。

まだお肌の表面に出てきていないので、目には見えませんが、この時期からケアすれば、シミが出来るのを予防できます。

お肌は、地層のように何層もの細胞が重なって出来ています。

紫外線を浴びる事によって、お肌の奥にあるシミを作る工場「メラノサイト」という場所で、チロシナーゼという酵素が活性酸素と一緒に、シミの成分「メラニン」を作ります。

そして酸化反応が続いて、黒色になったシミ「メラニン」ができるのです。

スポンサーリンク

リンゴなど、皮をむいて置いておくと黒くなりますよね?シミが黒いのは、リンゴの様に酸化するためです。

秋には、夏にたくさん浴びた紫外線の影響で、肌の奥の「メラノサイト」ではシミを作り始めています。何層にも重なった肌細胞の一つ一つの寿命は28日と言われています。

28日周期で、新しい肌細胞に切り替わるのですが、すでにお肌の奥のメラノサイトでシミが作られてしまった場合、新しい肌細胞にシミができてしまっているため、切り替わった時にシミに気が付くのです。

肌表面にシミが出てきてしまったら、消すのは大変です。

ですから、肌表面に出てくる前の時期、秋に美白をするのが大切になってきます。

まだ目に見えない時期ですが、肌表面に出てきてしまう前に、しっかりケアしましょう。

関連記事(一部広告含む):