秋のお肌には保湿が重要

寝苦しい残暑も終わり、気温も下がって過ごしやすくなる秋。

汗も夏に比べてかかなくなるので、お肌の「べた付き感」もなくなります。

秋には、夏ほどこまめにお化粧直ししたり、洗顔したりしなくても、化粧崩れはなくなり、スキンケアをする気も緩みがちになります。

しかし、秋は汗をかかない代わりに、お肌から水分が失われて乾燥しやすくなります。

夏の強い紫外線もたくさん浴びた後なので、デリケートになっていますので、お肌が水分を保湿する力も弱まっています。

スポンサーリンク

ですから、夏に比べて保湿効果を高めるスキンケアに重点をおきましょう。

特に洗顔後やお風呂上りは、お肌の水分が失われて乾燥しやすいので、化粧水、乳液の後に、保湿効果の高いクリームで潤いを与えてあげましょう。

保湿効果の高い、マッサージクリームなどで血行を良くして保湿するのも良いでしょう。

そしてボディーも、乾燥しやすくなりますので、ボディクリームなどで保湿しましょう。

汗をかかなくなるので、むくみやすくなる時期でもありますので、ボディーもマッサージなどで血行を良くしましょう。

夏の日差しで、お肌は疲れてストレスがたまっています。

なるべく早く寝るように心がけて、たっぷり睡眠をとって解消することも大切です。

夏のダメージケアと、冬の寒さの乾燥に向けて、秋はお肌をリセットしましょう。

関連記事(一部広告含む):