保湿効果のある秋用ファンデーション

余分な皮脂を押さえる効果を高めている春・夏用のファンデーションから、乾燥を防いで、潤いを与える秋・冬用のファンデーションへと切り換えの時期になります。

通年タイプもありますが、秋になり、乾燥が気になってお肌がかさつく方は、秋・冬用のファンデーションを使用して、潤いを逃がさないようにしましょう。

秋・冬用のファンデーションは、春・夏に比べて、保湿効果は高まりますが、UVブロック効果は抑えてあります。

秋晴れの日差しの強い日に長時間、仕事やレジャー、スポーツなどで紫外線を浴びる方は、化粧下地はUV効果のある夏用を使用し、ファンデーションは秋・冬用を使用するなど、上手に組み合わせて使いましょう。

また、夏の日焼けによって、春・夏のファンデーションと、秋・冬のファンデーションのカラーが変わる場合もあります。

スポンサーリンク

ファンデーションのカラーを選ぶときは、頬の下の方にファンデーションをつけ、首と顔に色の明るさの差が無いように選びましょう。

ご自分でわかりにくい場合は、お店の売り場の化粧品担当の方に聞いて選んでもらいましょう。

最近では、夏の日焼けをケアする美白効果のある成分と、保湿、そしてエイジングケア効果が一つになった秋・冬用のファンデーションも開発されています。

毎日使う物なので、ご自分のお肌状態にあったタイプの物をじっくり選びましょう。

関連記事(一部広告含む):