秋には保湿美容液で潤い美人

秋のスキンケアでは、いつものお手入れにプラスしたいのが、保湿効果の優れた美容液。

スキンケアで大切なのは、お肌の水分バランスが保てるように水分を補うことです。

冬に向けて気温も下がり、乾燥し始める秋のお肌は、夏からの変化にすぐに対応できずにダメージを受けやすいので、衣替えと同時にスキンケアも切り換えていきましょう。

お肌の水分が失われてしまうと、新陳代謝が悪くなり、ターンオーバー(お肌の細胞が生まれ変わるサイクル)が乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると、シミやたるみ、しわ、ほうれいせんの原因になってしまいます。

スポンサーリンク

お肌の乾燥が気になる場合は、美容液とクリームのダブル保湿で、潤いをたっぷり与えてあげましょう。

とくに乾燥肌になってしまうと、ほうれいせんが目立ってきてしまいます。

アンチエイジングとしても、美容液で保湿をして若々しいお肌をキープしましょう。

保湿効果の高い美容液を使用すると、お肌につけた後、手で触ると「もちもち」とした柔らかい感触がします。これは、水分がお肌に浸透している証拠です。

最近では、美白と保湿、両方の効果がある商品もあります。

くすみやシミも気になる方は、そのようなタイプの美容液もオススメです。

年代に応じて、選べる美容液もありますので、店頭で化粧品担当の方に選んでいただくなどして、ご自分のお肌にあった商品を選びましょう。

関連記事(一部広告含む):