秋のスキンケアは加湿器で乾燥をおさえる

暑い夏、楽しかった夏休みも足早に過ぎて、涼しい風と共に秋がやってきます。

日本には美しい四季があります。

四季があるからこそ、スキンケアも季節によって変化させて対応していかなければなりません。

秋になると、部屋の中やオフィスなどでは、暖房をつけ始める時期です。

暖房をつける事によって、空気中の水分が失われて、空気が乾燥します。

スポンサーリンク

空気が乾燥するということは、あなたのお肌の水分も蒸発して乾燥するということです。

顔が赤らんで、かさかさしたり、お肌を触ってみると、ハリがなくなってしまったりと暖房は温かくて、冷えの緩和にはなりますが、美肌の敵でもあります。

暖房の効いている室内で、乾燥が気になる時は、加湿器を使用しましょう。

加湿器が家に無い場合は、干した洗濯物を室内に干すだけでも加湿の効果はあります。

仕事など、空調が自分で調整できない場合は、デスクの上などに置けるタイプの加湿器などを使って、調整すると良いでしょう。

ペットボトルを差し込むだけで加湿できる持ち運びの便利な物もあります。

加湿は50~60度くらいが良いので、あまり加湿し過ぎてしまうと、カビの原因にもなりますので注意が必要です。

読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋と、秋という季節は気候の過ごしやすさから何かに取り組み始めたりする季節です。

「美容の秋」として、美しい素肌を作り上げましょう。

関連記事(一部広告含む):