冬のお肌はトラブルがたくさん

寒い冬の到来!気温はますます下がり、秋よりも乾燥して、お肌はカサカサしたり、赤くなってしまったりとトラブルだらけです。

乾燥により皮脂の分泌量も下がり、水分の蒸散量は上がり、お肌は水気のない田んぼの様な状態になってしまいます。

この時期にはお肌への水分補給と、油分で水分を逃がさないようにカバーするダブルでのケアが必要です。

春、夏に比べて、秋から冬にかけては、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)も低下します。

空気の乾燥や、気温の低下により、血流が悪くなり代謝がスムーズに行われないためです。

スポンサーリンク

新しい肌細胞が正しく生まれ変わらないため、くすみ、しわ、たるみなども出来やすくなってしまいます。

ですから、アンチエイジング効果のある化粧品なども使用して、健康なお肌になるようにケアしていく事も大切です。

洗顔後にケアする順番は、水分を多く含む化粧水のケアから、美容液、そして油分を多く含む乳液やクリームでふたをして潤いを逃がさないようにします。

冬に使用するクリームは、油分が多く、保湿効果の高いものを選びましょう。

関連記事(一部広告含む):