冬にはクリームでたっぷり保湿

スキンケアの基本は、まず洗顔をして毛穴のよごれや、古い角質などを落とします。

それから化粧水で、お肌に水分を与えます。

水分を与えた後、クリームなどで水分が逃げないように膜をはります。

冬は、空気の乾燥によって、水分が失われていますので、水分をたっぷり与えてあげるために、まずは化粧水をたっぷりつけて、保湿しましょう。

口元など、手でつけにくい場所は、コットンにとってつけるとしっかり浸透します。

スポンサーリンク

化粧水が含まれているパックもあります。乾燥がとくに気になる時は、パックなどでたっぷり保湿しましょう。

そして水分を含ませた後、乾燥の激しい冬には、水分が逃げないようにクリームで膜をはり、ガードをしてあげることが大切です。

朝と夜のお手入れでは、クリームもたっぷり使い、潤いをたっぷり与えましょう。

夜にしっかりお手入れすると、朝のお肌がモチモチして、お化粧のりも良くなります。

外出時にも、乾燥が気になった場合は、ファンデーションの上からでも良いので、乳液やクリームなどで保湿してあげましょう。

携帯用にはトライアルセットがリーズナブルで持ち運びも便利なのでおすすめです。

関連記事(一部広告含む):