冬の紫外線対策と美白

冬の紫外線対策は必要ないと思われがちですが、紫外線は年中無休で休みなく降り注いでいます。

日常生活の中で、お肌に影響を与えると言われている紫外線の種類には、AとBの2種類があります。

Bは、日差しの強い夏場などに多い紫外線で、海水浴の帰りなどにお肌の表面が赤くなり、黒く日焼けさせる紫外線。

Aは、一年中降り注ぎ、お肌の奥まで浸透して、しみやそばかす、たるみやしわなど、お肌の老化を早めてしまう、美容に悪影響を及ぼす紫外線です。

日差しが強くなくても降り注いでいるため、わかりにくく、知らず知らずのうちに肌に浸透しています。

スポンサーリンク

冬は日差しは強くないため、夏場のような紫外線Bの量は多くはありませんが、年中降り注ぐ紫外線Aの量はありますので、紫外線対策が必要です。

SPFという数値は、紫外線Bに働くもので、PAは紫外線Aに働きます。

PAは+の数が多いほど、効果が高くなります。

冬場は紫外線Aの量が多いので、SPFよりも、PAの表記が高いものを使用しましょう。

化粧下地にPA効果のあるものもあります。お出かけ時には冬でも気を抜かず、目に見えない紫外線予防をしっかりしましょう。

また、スキー場など標高の高い場所では、冬でも紫外線Bの数値が高いため、日焼けしやすくなります。

冬のスポーツなので、日焼け止めをしないで遊んでしまい、スキー焼けで黒くなってしまったという方も多いと思います。

冬でも、SPF効果の高い日焼け止めは売っていますので、スキー焼けの予防にも海水浴に行くときと同じように、紫外線対策をしましょう。

関連記事(一部広告含む):