荒れた肌にはコールドクリーム

冬になると、食器を洗った後の手は赤くあかぎれをおこし、ひじや足のかかとはコチコチに固くなり、水分がなくパサパサしてしまい、さらに悪化すると出血をおこしたりします。

いつも使用しているクリームだけでは、保湿効果が弱く、潤ってくれません。

それは、水分は与えていても、油分が少ないためです。

夏場では、油分が多いクリームを使うとベトベトしすぎてしまって、皮脂がたくさん浮き出てしまい、バランスが悪く、汚れが溜まりすぎてしまったりしてしまうため、油分の少ない水溶性のクリームなど好まれますが、冬場では水溶性クリームではさっぱりしすぎてしまい、水分を保つことができなくなってしまうため、夏場と同じクリームを使用しても、カサカサしてしまうのです。

スポンサーリンク

冬場におすすめなのは、油性成分の高い「コールドクリーム」です。

油性のクリームなので、お肌にしっかりと膜をはってくれます。

水分が逃げず、お肌の表面もさらさらします。

敏感肌用の方向けのコールドクリームもあります。

人気が高いのが、「アベンヌ」の「コールドクリーム」です。

皮膚科の治療などにも使われているブランドで、温泉水を使用しており、低刺激のクリームです。

水分の失ったパサパサの鏡餅のような状態になってしまった足のかかとなどの部位でも、やわらかく潤いを与えてくれます。

関連記事(一部広告含む):