冬はリップクリームで口元もケア

冬になると口元がヒリヒリしたり、痛くなって笑うのもお話するのも辛かったり、カサカサのリップでは口紅のノリもわるくパサパサで見栄えもよくありません。

冬場でもぷるぷるの口元をキープできるようにしっかりケアしましょう。

ケアの方法は、リップクリームをたっぷり塗り、その上からサランラップでカバーし、ぬるま湯をぬらしたタオルをかぶせます。

この状態で10分ほどおき、はずします。

雑誌等で人気のあるリップは「Kiehl’sキールズ」の「リップバーム」です。

スポンサーリンク

チューブタイプになっていて、たっぷりと馴染ませやすく、アロエ成分などの保湿成分もたっぷり配合されているので、潤いがなくパサパサしたリップケアにおすすめです。

他にも、ロングセラー商品のメンタームの薬用リップも人気です。

塗るとスースーして、気持ちよく、痛んだリップを冷やしてくれます。

少々価格は高めですが、「SKⅡ」の「リップニペア」も人気です。

ピテラという成分のトリートメントの効果によって、乾燥からガードしてくれます。

最近では、モイスチャー効果のあるヒアルロン酸入りの口紅も販売されています。

つけていくうちにリップケアもできるという優れものです!

そして、ビタミンは、リップの潤いをキープするのにかかせない成分ですので、ビタミンBやCの含まれた食事やサプリメントなどで、外からだけでなく、体の中からもケアしましょう。

関連記事(一部広告含む):