春の花粉や乾燥、そして紫外線からお肌を守る

冬の厳しい寒さから開放され、草木からは新しい芽がふくらみだして、春の訪れを感じながら心も新たに、無条件に楽しい気持ちになります。

日差しも強くなるにつれて、紫外線も強くなり、芽がふくらむにつれて、花粉やホコリなどが多くなり、皮脂コントロールが乱れて、乾燥してカサカサしたり、皮脂分泌が多くベタベタしたり、お肌の色々なトラブルに悩まされる季節です。

とくに花粉症の方は、鼻の周りや口元などが荒れてしまい、赤くなってしまったりとお肌がデリケートになり、ダメージを受けやすい時期でもあります。

しっかり洗顔により、花粉やほこりの汚れを落として、乾燥により失われた水分をお肌に与えてあげるというスキンケアが大切です。

スポンサーリンク

外出時には、紫外線量も多くなる時期ですので、日焼け止めや日傘、帽子などでカバーしましょう。

そして、新しい職場や、配属場所などへの移動や転勤、お子様が違う学級などへ移動になるなど、取り巻く環境の変化も多い時期です。

知らずのうちにストレスを受けて、ホルモンバランスが乱れ、お肌もダメージを受けやすくなります。ストレスは美容の敵です。

解消できるものを見つけたりして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

関連記事(一部広告含む):