丁寧な洗顔で春の花粉やホコリを落としましょう

年々増加する花粉量、花粉症になる人も年々増えています。

目は痛く、お肌はカサカサして、ファンデーションのノリも悪くなってしまい、切ない気分になってしまいます。

花粉症で無い人も、外を歩くだけで、花粉やホコリは顔や体、洋服にもついてしまいます。

お肌についた花粉やホコリは、毛穴の中にも入り込んだりして、放っておくと、皮脂のコントロールが乱れて、肌荒れを起こしてしまいます。

ですから、いつもよりも丁寧な洗顔で、しっかり汚れを落としましょう。

スポンサーリンク

しかし、お肌は乾燥により、水分量が減っているため、敏感になっています。

ゴシゴシと力強く洗ってしまうと、必要な皮脂や角質までも落としてしまいます。

ヒリヒリと刺激を感じる方は、敏感肌用の低刺激の洗顔料を使用しましょう。

肌に刺激を与えずに汚れを落とすには、よく泡立てることが大切です。

そして包み込むように優しく丁寧に洗顔しましょう。

洗顔の際の水の温度も注意しましょう。熱すぎても、お肌が乾燥しやすく刺激を与えてしまいますし、冷たすぎると毛穴が収縮して汚れが落ちにくくなってしまいます。

適温は人肌と同じくらいの温度、30度くらいと言われています。

ぬるま湯で優しく汚れを落とした後は、清潔なタオルで、優しく水滴を落としましょう。

関連記事(一部広告含む):