春の紫外線ケア対策

春から夏にかけて、気温の上昇と共に、紫外線量も増加します。

紫外線の増加に伴って、紫外線対策も変えていかなければいけません。

とくに5月から8月にかけて紫外線の照射量は増え続けます。

4~5月の紫外線量は、7~8月と同じぐらいなので、春の紫外線ケアも、とても重要になります。

3月の紫外線量は、9月よりも多くなります。日差しが弱い日でも、紫外線は降り注いでいますので、春でも紫外線ケアを忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク

曇りの日でも、紫外線はお肌に降り注いでいます。

日差しの強い日は、肌表面に影響を与えて、日焼けを起こさせる「紫外線B」の量が多く、曇りの日は、肌の奥の細胞に影響を与えて、美しく健康なお肌を作る邪魔をして、しみや、しわ、たるみなどを発生させる「紫外線A」量が多くなります。

紫外線Aは、お部屋の窓ガラスを通り抜けて、室内にまで入り込みます。

「あまり外出しなかったのに、シミが増えてしまった」という方は、この紫外線Aを浴びていたことになります。

あまり外出しない方でも、UVケアはしっかり行いましょう。

「紫外線B」に効果があるのはSPFで、「紫外線A」に効果があるのはPAです。

室内で活動するのが多かったり、曇りの日などは、PA効果の高い日焼け止めでカバーしましょう。

関連記事(一部広告含む):