脂質を取るなら体に良いオメガ3を

血行を悪くする飽和脂肪酸ですが、肌細胞を健康にするためには脂肪酸が不可欠。

こういったところが美肌メソッドの難しいところですね。

簡単に言ってしまえば油なのですが、肉中心よりも魚や植物性の油を摂取しましょう、ということ。

食用の油はオメガ3,6,9と大きく三つに分類されており、このうち摂取が好ましいといわれているのがオメガ3。

アルファリノレン酸やドコサヘキサエン酸など聞いたことのある名前でしょう。

魚類に多く含まれているのがDHA、ドコサヘキサエン酸ですね。

スポンサーリンク

最近は研究も進んできてオメガ6に属する高リノール酸植物性油の摂取はアレルギーの原因になるとも言われています。

魚に多く含まれるDHAは焼いたり煮たりしても変質しないので、生が苦手な人でも摂取できますが、血合いや皮の回りに多く含まれているので頑張って食べてください。

油以外では基本的なビタミン類。ビタミンAには肌に抵抗力をつけてくれます。

人参、かぼちゃ、小松菜などの緑黄野菜から積極的に摂取したいところ。

B群やC、Eなども同様に必要です。

それから牡蠣やゴマなどに含まれている亜鉛。

ターンオーバーに欠かせない栄養素で、コラーゲン生成に必要とされています。

その他、海藻に含まれているヨウ素や穀類などに含まれるマグネシウムも重要。

これらをバランスよく取ることを心がけてください。

関連記事(一部広告含む):