女性ホルモンの減少は肌の老化を招く

自律神経は制御できないものだから、正常に働く環境を作ることが大切です。

でも美肌に関して制御できないものがもうひとつあります。

それは加齢。若い頃は瑞々しく弾力のあった肌が歳を重ねていくごとに乾燥していくことを実感している人も多いでしょう。

これは女性ホルモンが大きく関係しているのです。

エストロゲンという女性ホルモンは妊娠や女性らしい体を作るために必要な物質なのですが、20代後半から分泌量がどんどん減っていくのです。

女性らしい体を作っているのは真皮にあるコラーゲンやエラスチン、さらに皮下組織の脂肪ですが、これらに影響を与えているのがエストロゲン。

スポンサーリンク

女性ホルモンの分泌が落ちると基底層から分裂する細胞は真皮からの栄養素を十分に受けられず、痩せたまま角質層まで上がってしまいます。

つまり表皮四層すべてが薄い状態となり、シワやタルミを作ってしまうのですね。

最近はアンチ・エイジングの研究が進んでおり、老化した肌にもいろいろと対策が生まれています。

加齢による肌の衰えには外的な施術が有効ですが、体内から元気にさせる方法もあります。

それはイソフラボンを摂取すること。

大豆に多く含まれている成分で、植物性エストロゲンと言われています。

ほかには適度な運動を行うなど細胞の活性化を促すことで、アンチ・エイジングの肌を作ることができます。

関連記事(一部広告含む):