一夜にして変身してしまう原因とは

食生活や毎日の生活習慣に気をつけているつもりでも、一夜にして肌の大敵となる現象が起きることがあります。

むくみですね。

顔のむくみ、多くの人が朝、鏡を見ては唖然とした経験を持っていることでしょう。

その原因、だいたいは本人も気がついているはず。

たとえば前夜、アルコールを過剰摂取した、塩辛いものを大量に食べた、または大泣きした、など。

原因はバラバラでもむくみを起こすメカニズムは同じです。

簡単に言うと皮下組織に水分が必要以上に溜まってしまうから。

スポンサーリンク

アルコールを大量摂取すると、血管内の水分を排出する血管内脱水作用が働きます。

血液濃度が濃くなると、それを自律神経が調整しようとし、水分を過剰に集めてしまいます。

結果、血液内で濃度が危険値以下に抑えられると、過剰な水分を血液から排出という行為を繰り返し、皮下組織に溜め込むのです。

泣く、という行為でも水分を集めますし、塩分過剰の食事をした時も基本的には同じ。

その水分がなぜ顔に表れるかというと、夜、寝ることで体が水平に保たれるため、顔にも水分が流れやすくなるのです。

むくみは昼過ぎから、つまり立って行動をする時間になると足に起きますね。

これは水分が下りて溜まってくるからです。

関連記事(一部広告含む):