むくみ対策は血行をよくすること

顔に水分が溜まるならば肌のハリにはいいんじゃないの、と勘違いする人、いませんか?

肌を美しく見せる水分は表皮部分の基底層から分裂する細胞内の水分です。

皮下組織で流動する水分は肌に直接関係しません。

また、簡単にむくみの原因は水分と表現しましたが、これは体積を表すためで成分には触れていません。

この水分の中には老廃物も含まれていますが、老廃物は流動せずに皮下組織に残ってしまうことがあります。

当然、老廃物を処理するために、体内器官は余計な作業をしなければならなくなります。

むくんだ翌日は疲れたりだるさを感じるのは体内器官が余計な仕事をするから。

スポンサーリンク

このむくみ、放置しておけば治るのでケアをしない人が多いと思います。

しかし、膨らんだりしぼんだりすれば肌の表面は弾力を失っていき、やがてたるみやしわの原因になります。

むくんだ肌は早めにお手入れして通常の肌状態に戻すことが大切。

むくみは血行を良くすることで改善されます。

血行がよくなれば皮下組織の水分や老廃物を血液内に取り込み、体内組織が排泄や処理を行なってくれます。

そのためには朝、肌に強い刺激を与えない程度の温かい蒸しタオルを当てる、血行をよくするためにリンパ腺に沿ったマッサージを行うなどが効果的。

むくんでいるからといって肌の表面をゴシゴシ擦るようなマッサージは角質層を傷つけることにもなるので気をつけて。

表面をマッサージする時は人差し指から薬指までの三盆を使い、肌をやさしく回すように動かしてくださいね。

関連記事(一部広告含む):