細菌が引き起こすニキビに注意

オイリー肌の人が気をつけなければならないのはやはりニキビ。

毛穴に残った皮脂が固まって原因を作ると書きましたが、詳しくは、この皮脂を栄養源としてアクネ桿菌が異常繁殖して炎症を起こしてしまった結果なのです。

黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなってしまった状態。

赤ニキビは黒ニキビによって蓋をされた皮脂がアクネ桿菌によって炎症を引き起こされた状態。

赤ニキビまで進行すると痛みが生じるばかりか、放置しておくと跡が残ってしまうこともあります。

ニキビを潰してしまう人がいますが、芯や滲出液を拭きとったところで皮脂線に侵入してしまったアクネ桿菌まで拭き取ることはできません。

スポンサーリンク

むしろ、その潰した液にアクネ桿菌が含まれていて、他の毛穴についてしまうことの方を警戒した方がいいでしょう。

アクネ桿菌は細菌なので抗生物質で除去できます。

また潰した跡は傷と同じなので、その他の雑菌による炎症も心配ですね。

洗顔などで衛生状態を保ち、進行させないためにもオイリー肌の人は毎日のケアが大切です。

ただ、オイリー肌の人は皮脂を全部落とそうとする人を見かけますが、脂性肌の場合、その時は皮脂が落ちたように思えてもすぐに脂性の肌に戻ります。

これは体が皮脂の厚さを調整しているから。

皮脂を全部落とそうとするのではなく、表面の汚れを落とすことを考えたケアが必要です。

関連記事(一部広告含む):