脂性肌でも保湿クリームは必要

オイリー肌の人で皮脂膜を落とそうと頑張る人、その洗顔法は正しいですか?

皮脂を落とそうとして効果のありそうなスクラブ入り洗顔料を使用したいところですが、このスクラブ入り洗顔料、すなわち不溶性成分含有洗顔料は過度の使い方をすると不溶性成分が肌に細かい傷をつけてしまいます。

アクネ桿菌は細菌ですからわずかの傷でも侵入する可能性があるので気をつけてください。

また皮脂をすっかり落とそうとするほど、皮脂は出てきます。

皮脂は真皮の水分を保護する目的を持っており、表皮の乾きに対して敏感に反応します。

脂性肌の人でも真皮の水分量が少ないケースがあり、これを脂性乾燥肌(オイリードライ肌)といいますが、皮脂を落としすぎるとこの症状がさらに進んでしまうのです。

スポンサーリンク

おでこや鼻の頭、根元など皮脂の残りそうなところを重点的に洗い、その他の部分はたっぷり泡立てた洗顔料で優しく洗ってください。

一日二回以上洗顔する場合は洗顔料を使わずぬるま湯だけでも十分です。

また皮脂膜が天然の保護クリームといっても、洗顔後はもっとも水分が蒸発しやすい時。

保湿クリームは不可欠ですね。

できれば油分少なめの保湿クリームがオススメ。

ただしアルコールが含まれているものは水分を蒸発させやすいので避けた方が賢明でしょう。

関連記事(一部広告含む):