カサついた乾燥肌の仕組みとは?

脂性肌の対極にあるのが乾燥肌。

美肌作りのメソッドとしては、乾燥肌の方がずっと手間がかかります。

まずは乾燥肌になる仕組みから説明しましょう。

肌の表面は皮膚膜で覆われ、その下には角質層があります。

この角質層を形成している角質細胞は天然保湿因子(NMF)を持っており、水分を溜めておくことができるのです。

この角質細胞間を埋めているのがセラミド。

角質細胞が整然と並び、その上を皮脂膜が覆っていれば美肌になるのですが、加齢やストレス、寝不足などによって肌細胞が未成熟のまま角質細胞になると、細胞内の天然保湿因子そのものに水分が不足し、不揃いの状態になります。

スポンサーリンク

さらに細胞間脂質のセラミドが角質細胞をつなぎとめることができなくなると、真皮のヒアルロン酸から水分が表皮に向かい、セラミドの隙間から蒸発してしまいます。

この時、角質細胞の表面に皮脂膜があれば水分の蒸発が止められるのですが、一般的に加齢とともに皮脂量が落ちてきます。

歳を重ねるごとに皮膚が乾燥して弾力がなくなり、ハリやツヤがなくなるのはこういった理由。

オイリー肌に較べて乾燥肌は外界からの刺激に弱くなり、かゆみや感染症にかかりやすくなるので、美肌を考える前に肌の健康を保つことが優先課題ですね。

関連記事(一部広告含む):