クッションの役割を持つコラーゲン

コラーゲンってなんだかご存じですか?

よく聞く言葉で、最近は化粧品に含まれていたりサプリメントで販売されていますね。

肌に関して言えば真皮の弾力性を保つ支柱のような役割をしており、コラーゲン同士をつなぎとめているのがエラスチンという物質。

コラーゲンは繊維のように束になっていて、この上に表皮が乗っています。

つまりコラーゲンは表皮を支えるクッションのような役割をしているのです。

乾燥肌はこのコラーゲン繊維やエラスチンまで衰えさせてしまいます。

コラーゲンが含まれた化粧品は肌の保湿を保つ意味では有効ですが、コラーゲン自体を復元することはできません。

スポンサーリンク

またサプリメントによるコラーゲン摂取も、今のところコラーゲン再生に対しては懐疑的見解がほとんど。

というのもコラーゲンを作っているアミノ酸はグリシン、プロリン、アラニンなどさまざまな食品タンパク質から摂取される非・必須アミノ酸で、真皮細胞がこれらのアミノ酸を血液から取り出して生成するのです。

コラーゲンはタンパク質ですから経口摂取するとすべてアミノ酸に分解され、不必要なものは排出されてしまいます。

人間の体は機械のように足りないところを部品で補う、というような単純な設計ではありません。

コラーゲンを経口摂取して肌がきれいになった、と感じる人にはプラシーボ効果で有効性があるかもしれませんね。

では、コラーゲンが弱ったら再生する方法はないのでしょうか?

関連記事(一部広告含む):