線維芽細胞を鍛えてコラーゲンを再生

コラーゲンを再生させるためには、コラーゲンを作り出す細胞を活性化させればいいのです。

真皮にはコラーゲンとエラスチンのタンパク質繊維、それらの間を埋めている基質(ゼリー状で真皮中の水分のほとんどがここにあると考えられています)、そしてコラーゲンやエラスチン、さらに基質まで作り出す線維芽細胞があり、活性化させるのはこの線維芽細胞。

どのように活性化させるのかというと、じつに地味ですが適度な運動がもっとも効果的といわれているのです。

なかでもインナーマッスルを鍛えるストレッチは最適で、線維芽細胞だけでなく血管まで柔軟性を与えてくれます。

つまり血行がよくなることですね。

スポンサーリンク

国立健康・栄養研究所が行った実験では、ストレッチを半年間続けるだけで血管年齢は平均で約10歳も若返ったとか。

ストレッチは肌だけでなく全身美容にも効果的。

高いサプリメントや化粧品を購入するより経済的でしょう。

同時に女性ホルモンと似たイソフラボンを摂取するために大豆製品を食べたり、皮脂を増やすためにDHA、魚に多く含まれているドコサヘキサエン酸などを摂取することも心がけてください。

コラーゲンだけでなくエラスチンや基質まで再生されるとしっとりとした弾力のある肌が甦ってきます。

関連記事(一部広告含む):