乾燥肌は化粧水で肌の潤いを取り戻す

乾燥肌はオイリー肌と違って外部からのスキンケアがとても重要になってきます。

まず洗顔ですが、皮脂についた汚れだけを落とすようにして皮脂は落とし過ぎないようにすることを心がけましょう。

ただし古い皮脂は酸化して肌荒れの原因になります。

ぬるま湯の洗顔でも十分に汚れは落ちますが、残った皮脂が気になるようでしたら刺激の少ない洗顔料をたっぷり泡だて、肌に泡をつけるようにして洗い流してください。

乾燥肌の人は入浴後、とくに肌から水分が蒸発しやすいので、入浴後はできるだけ早く保湿のためのスキンケアを行いましょう。

最近の化粧水で注目されているのは、角質細胞の間を埋めるセラミドや水分保持能力のあるヒアルロン酸の入った化粧水。

スポンサーリンク

これらを使うことで崩れた角質細胞の隙間を整え、肌にハリやツヤを作り出します。

またビタミンC誘導体の入っている化粧水も試してみる価値がありそうですね。

ビタミンC誘導体は分子が細かいので表皮から真皮まで届きます。

線維芽細胞がコラーゲンを生成する時に必要なのがビタミンCですから、コラーゲン生成に役立つかもしれません。

もし入浴後でも肌がカサついていることがあったら、それは剥離する角質細胞が不均等に残っているから。

グリコール酸の入った化粧水で軽く表面を拭き取ると古い角質細胞を剥離させることができます。

いわゆるピーリング効果ですね。

ただしやり過ぎると角質層全体を削ることになるのでご注意を。

関連記事(一部広告含む):