紫外線が破壊する肌の機能

美肌を阻害する原因として、これまで体内的なことを取り上げてきましたが、じつは大きな体外的要素があるのです。

それは紫外線。

太陽光から降り注ぐ紫外線には主にUVAとUVBがあるのはご存じですね。

紫外線は地球全体を見ればプラス要素もありますが、肌から見ればマイナス要素ばかり。

まずB波ですが、これは日焼けの原因を作ります。

肌内にあるメラニン色素が日焼けから肌を守るために黒いフィルターの役目をし、ターンオーバーとともに剥離するのですが、日焼けが頻繁に行われるとメラニン色素の生成サイクルがトラブルを起こし、排出がうまく行かなくなったり作り続けたりします。

スポンサーリンク

これがシミの原因。

もっと怖いのはA波で表皮を突き抜けて真皮まで到達します。

真皮で弾力を保つ役割といえばコラーゲンやエラスチンですが、A波はこれらを生成する線維芽細胞を破壊してしまうのです。

この破壊は長時間かけて行われるもので、一朝一夕のものではありませんが、一度蓄積された紫外線量は排除されることがないそうです。

太陽光を浴びやすい手の甲と太陽光を浴びない他の肌部分を比較してみると分かりやすいですね。

手の甲の方がずっとシワが寄っているはず。

これが光老化。

A波で弾力を失い、B波でシミを作るサイクルは美肌の大敵なのです。

関連記事(一部広告含む):