美肌への入り口は入浴から

ここまでをきちんとできれば美肌が生まれる基礎は作られたも同然。

それを長く保つためには自分の肌質に合わせたスキンケアが必要になってきます。

クレンジングから洗顔料、基礎化粧品まで肌質と相談して最適なものを選ぶことで、生まれた美肌の細胞はさらに元気になって角質層に届くことになります。

そのスキンケアをするタイミングはなんといっても入浴、あるいはその後ですね。

気分をリラックスさせる効果を持つ入浴は、自律神経の正常化を整える意味もあって食事と同じくらい美肌に大切なこと。

疲れて帰ってきて、早く寝たいからとシャワーだけで済ませたい気持ちは分かりますが、美肌のことを考えるとゆったりと入浴することをオススメします。

スポンサーリンク

シャワーは肌の表面しか温めることができないので血行がよくなることはありません。

熱いシャワーが肌に刺激を与えるのは言うまでもないこと。

同じように入浴する際も熱い湯にさっと浸かるより、38~39度の中温度で、時間に余裕があれば半身浴で汗が出るくらいがもっとも気分をリラックスさせます。

体の芯から温まれば血行が良くなり、毛穴が開いて古い皮脂や汗が排出されます。このタイミングがクレジングに最適なのはご存じの通り。

なんだか生まれ変わったような気分になりますよね。

肌がピカピカになったところで、すぐに保湿を行いましょう。

関連記事(一部広告含む):