スローライフとスローフード

スローライフの元になった「スローフード」とは、何でしょうか?

スローフードの発祥の地は、イタリア。

「伝統的な食文化を守りたい!」と考える人たちによって1980年代に始まった動きは、世界中に広まりました。

日本でも、国際的なNPOの一員として「スローフード・ジャパン」が活動をしています。

スローフード・ジャパンによると、スローな食べ物に必要な要素は「おいしい」「きれい」「正しい」の3つだそうです。

スポンサーリンク

「おいしい」には、単に味がおいしいというだけではなく、その地域の食文化に支えられてきた味という意味も含まれます。

「きれい」は、環境に良い食品ということ。

3番目の「正しい」はフェアトレードを意味します。

フェアトレードとは、適正な価格で商品を取り引きすること。

当たり前のように感じますが、実はそうではないのです。

適正価格で取り引きされていないために、生産者が苦しんでいる現実が、世界にはたくさんあります。

フェアトレードが必要な商品の代表はコーヒーやチョコレート、コットンなど。

最近では、ファミレスやスーパーなどでフェアトレード商品を扱っている場合もあります。

いくら商品が安くても、その代償として環境を汚し、遠い国の誰かが苦しむのでは、寂しいですよね。

「みんなで幸せになれる食生活」それがスローフードなのです。

関連記事(一部広告含む):