手作りキャンドルでスローな夜を過ごそう

キャンドルナイトに使うロウソクを手作りしてみませんか?

ロウソクづくりは意外と簡単な上に、好きな色や形にすることができるので楽しいですよ。

まずは基本的な作り方をご紹介します。

1.市販の白いロウソクを削り、フタを切った飲料缶などに入れて湯せんする。
 この時、芯は捨てずにとっておいてください。

2.ロウが溶けたら削ったクレヨンで色をつけて、型に流す。

スポンサーリンク

 クレヨンはほんの少量でOKです。様子を見ながら入れてください。

3.元のロウソクに付いていた芯を方の大きさに合わせて切り、型の中央に配置する。
 
 そのままでは芯が固定できないので、割りばしで挟むなどして固定しましょう。

ロウが固まれば出来上がりです。

複数の色を重ねてレインボーキャンドルを作ることもできますよ。

ロウソク本体とは別にドロップ状のカラフルなロウの粒を作り、それを周りに貼り付けるのも素敵です。

もっとエコにこだわる人には、ミツロウのロウソクがおすすめ。

ミツロウとはミツバチの巣から採れた天然素材で、石油から作られた一般的なロウソクより環境に良いのです。

通販で売られている手作りキットを使えば自作できますよ。

関連記事(一部広告含む):