病気にスローライフの知恵を!

病気をしたとき、すぐに薬を飲むことが習慣になっている人も多いでしょう。

しかし、薬というのは化学物質。

必要以上に体に入れると、かえって体が疲れてしまいます。

ちょっとした不調なら、昔の人の知恵を借りて薬を使わずに治してしまいましょう。

カゼのひき始めに効果的なのは、ネギとショウガ。

スポンサーリンク

刻んで、スープやみそ汁にたっぷり入れて飲んでください。

レンコンのすりおろし+ショウガも効果的な組み合わせです。

胸焼けや胃の不調には、大根おろしが胃薬になってくれますよ!

また、大根はのどの薬にもなります。

角切りや拍子木切りにした大根をハチミツにつけて、大根エキスの溶け込んだハチミツを使います。

お湯で割って飲めば体も温まりますよ。

もちろん残った大根もおいしく食べることができますので、おやつにどうぞ!

むくみには、小豆が効果を発揮します。

通常は砂糖で煮て小豆餡にすることが多いですが、治療食では甘みはつけません。

塩を少し入れて煮た小豆を、毎朝スプーン1杯食べてください。

小豆本来の甘みがあるので、意外と美味しいのです。

どうしても食べづらければ、オリゴ糖などを少しかけると良いでしょう。

このほかにも、古くから受けつがれている知恵はたくさんあります。

次の世代へしっかり受け継いでいきたいですよね。

関連記事(一部広告含む):